ロードバイクぐうたら日記

ロードバイクを始めるために色々調べたことを日記に残します。

納車から8ヶ月

納車から8ヶ月となりました!


先月の記事はコチラ


ここまでの累計2059.6km!


この一ヶ月は累計2000km到達とコラムカットが大きなイベントでした!


まだまだ走り足りないなぁ。100km超えライドやりたいな。

サイコンマウント Bar Fly 4MAX

先日コラムカットしたときの装備品を外したスッキリ感が忘れられなくて、ステム上に取り付けたサイコンとライトをどうにかスッキリできないかとサイコンマウントを探しています。


第一候補は、レックマウントです。
Amazon | REC-MOUNTS(レックマウント) Type19 Garmin コンボ マウント(下部アダプター付)+ キャットアイ ライトアダプターGP-CATHL2付(19-GM+GP/GP-CATHL2) | レックマウント | サイクルコンピューター・GPS用アクセサリー

ステムの延長線上にサイコンが取り付けられ、しかも裏側にCATEYEのライトまで取り付けることができる。とても素敵なアイテムです。
一目見て「コレだ~」って感じです(笑)


しかも、Web上で確認すると、私の使っているBrayton専用タイプも開発中で5月~9月に発売予定!


。。。開発中???
。。。気持ちが盛り上がっているので、今、欲しいんですけど(笑)


確かに専用のマウントであれば走行中に外れたり、合わなかったりすることはないでしょうから安心です。でも同じサイコンを使用し続ける可能性ってどのくらいなんでしょう??上位機種やガーミン様に手を出すことはないだろうか??


と、考えるとBrayton専用じゃなくてもいいかな。。。でもBrayton用のベースマウントが別途必要だな。。。しかもちょっとお高い。
私のお小遣いでは厳しいかな(笑)



そんな中で見つけたのがコレ!
Amazon | バーフライ(BAR FLY) Bar Fly 4 Max [大型サイクルコンピュータ用] アーム長80mm 4MXB-205 | バーフライ(BAR FLY) | サイクルコンピューター・GPS用アクセサリー

何が良いかって、色々なサイコンが取り付けられるように各種アダプタが付属しているんです!
対応機種は、ガーミン(Edgesシリーズ)、キャットアイ(ワイヤレスタイプ)、polar、Joule、wahoo、Mio、Bryton。Braytonに対応しているのって珍しい。
価格もなんとか手が届きそう(笑)


「自転車部品の野口商会」さんのHPでBraytonのサイコンを取り付けた時のレビューがあって、イメージが膨らみます。
※ショートカット貼ったりして良いのかわからないので、興味がある方はWeb検索してください。


ただしCATEYEのライトは取りつかないので、やはり変換アダプターは必要。GP規格なのでレックマウントの変換アダプターが使えそう。


Amazon.co.jp: REC-MOUNTST(レックマウント) 変換アダプター GP規格 CATEYE(キャットアイ) H-34N対応ライト用 アルミ製 GP-CATHL2: スポーツ&アウトドア

汎用ライトマウントは付属しているようですが、着脱のことを考えると専用マウント欲しいですね。


いつものことですが迷います。色々調べるのも楽しいのですが(笑)



コラムカット!!!(その2)

では、コラムカットしていきます。


カット直前の記事はコチラ


100円ショップのノコギリは、なかなか切れません(笑)切るというより、少しずつ削り取る感じ。


切断するように一方向から力を加えるのではなく、フロントフォークを回転させながら表面を削り取っていきます。


20分くらいフロントフォークをクルクルさせながらノコギリをこすり続けることでカットできました!


切断面のカーボンのワシャワシャも少なく、結構キレイにカットできました!ちょっと歪んでるけど(笑)
組み上げたときには切断面よりもコラムスペーサが2~3mm飛び出し、切断面はどこにも接触しないため、少しぐらい歪んでても影響ないんですよね。


とはいってもキレイに仕上げたいのでヤスリ掛けします。

家にあったのはタミヤのヤスリ。模型用の小さいヤツですが、仕上げだけなので問題ありません。


この後はフロントフォークを元に戻すだけ!


じゃーん!

いやぁ、カッコ良くて写真撮りまくりました!完全に自己満足ですが(笑)


〈ビフォー〉


〈アフター〉


コラムの飛び出しが少なくなり、サイコン下側のボタンが押せるようになりました(笑)


今回カットしたのは5mmスペーサ×4個+15mmスペーサ×1個の35mm。
作業時間は2時間くらい。慣れたらもうちょっと早くできると思いますが、焦って失敗したりフレームを傷つけたりするのは嫌なので慎重にやるが良いです。
全て手持ちの工具で作業したので特別な費用は掛けていません。


結果は大満足!!自作でチャレンジして更に愛着が湧きあがります!!



ライトやサイコンを付けていない方が、スッキリしてて良いなぁ。
次は装備品の搭載方法変えてみようかな。